HOME > システム > Reedbush > 利用説明会のお知らせ

東京大学情報基盤センター「データ解析・シミュレーション融合スーパーコンピュータシステム」利用説明会のお知らせ(7・8月は無料で使用可能)

東京大学情報基盤センターにおいて本年7月1日から運用を開始する「データ解析・シミュレーション融合スーパーコンピュータシステム(Reedbush)」利用説明会のご案内を差し上げます。遠隔配信を実施します。

スーパーコンピュータシステム紹介

ReedbushはIntel社の最新のCPUであるXeon E5-2695v4(Broadwell-EP, 2.1GHz 18core)とNVIDIA社の最新のGPUであるTesla P100(Pascal)から構成されています。Reedbushは:

  • Reedbush-U:2台のBroadwell-EPから構成される計算ノード×420
  • Reedbush-H:2台のBroadwell-EP+Pascalから構成される計算ノード×120

の2種類のノード群を有し,総理論ピーク性能は約1.80-1.93PFLOPS(1秒間に1.80-1.93×1015回の浮動小数点演算実行)です。この他5.04PByteの容量を持つ共有ストレージ,209TBの容量を持つ高速ファイルキャッシュシステム(DDN IME)も備えています。システムの詳細については下記ページを参照ください。

Reedbushは,地球科学,物質科学,エンジニアリング等多様な大規模シミュレーションの他,データ解析,Deep Learning等の新しい研究分野への利用も視野に入れ,様々な関連ツール,ソフトウェアを導入しております。


7月1日よりReedbush-Uの運用を開始し,全系フル稼働開始は2017年3月1日の予定です。2016年7月,8月の2ヶ月間はお試し期間として無料で使用できます。また,当センターのFX10スーパーコンピュータシステム(Oakleaf/Oakbridge-FX)を既にご利用頂いている皆さまはノード時間(トークン)をReedbushへ移行して使うことができます(移行の際には負担金額に比例した係数がかかります,ただし7月・8月はトークンを移行しても無料で使えます)。

説明会日程

説明会は下記の2回,実施いたします(同じ内容です)。事前登録等は不要です。


第1回説明会(東大柏地区)(本郷地区で遠隔配信あり)
日時:5月26日(木)13:00-15:00
場所:東京大学柏キャンパス第2総合研究棟315会議室(3F)(地図
遠隔配信:東京大学情報基盤センター本館(浅野キャンパス)遠隔会議室(4F)地図


第2回説明会(東大本郷地区)(駒場・柏地区で遠隔配信あり)
日時:5月30日(月)10:30-12:30
場所:東京大学情報基盤センター本館(浅野キャンパス)遠隔会議室(4F)(地図
遠隔配信:東京大学柏キャンパス第2総合研究棟315会議室(3F)地図
遠隔配信:東京大学駒場Ⅰキャンパス情報教育棟B E49遠隔講義室(4F)地図

お問い合わせ先

〒113-8658 東京都文京区弥生2-11-16
東京大学 情報基盤センター


教授 中島研吾
E-mail:nakjima@cc.u-tokyo.ac.jp
(”@”を半角にしてからお送りください。)