HOME > サービス案内 > 大規模 HPC チャレンジ

「大規模 HPC チャレンジ」

 東京大学情報基盤センターでは、Reedbush-H、FX10 スーパーコンピュータシステム、また、JCAHPCでは、Oakforest-PACSスーパコンピュータシステムの「大規模 HPC チャレンジ」を実施しております。
「大規模 HPC チャレンジ」は、各スーパーコンピュータシステムがもつ最大計算ノードを、最大 24 時間・1 研究グループで計算資源の占有利用ができる公募型プロジェクトです。
各スーパーコンピューターシステムの「大規模HPCチャレンジ」の詳細は以下をご覧ください。