HOME > サービス案内 > トライアルユース

トライアルユース

 東京大学情報基盤センター(以下、センター)では、2005 年度より社会貢献の一環として、文部科学省の委託事業・補助金事業「先端研究施設共用イノベーション創出事業」の支援を受け、大学で開発された応用ソフトウェアとスーパーコンピュータの民間企業への資源提供を実施してきました。同事業の終了にともない、2011 年度より企業向けトライアルユース(有償)を開始いたしました。また同時に、大学・公共機関向けにもトライアルユース(有償)を開始しました。2017年度より、Oakleaf/Oakbridge-FXReedbush-U/HOakforest-PACSについて無償トライアルユースも含めたサービスを提供しています。

トライアルユースには、以下の2つの利用方法があります。

(1)企業利用に限定した無償トライアルユース
(2)安価で試用することができる有償トライアルユース

トライアルユースでは、スーパーコンピューターを試用することにより、利用の見通しをつけていただき、通常利用への移行も可能です。通常利用へ移行することで、さらなる計算機利用へ進むことが望まれます。


トライアルユースのご利用イメージ

トライアルユースのご利用イメージ

トライアルユースは、利用者及び利用申込コースによってご利用の流れが異なります。
詳しくは、ご利用の流れをご覧ください。


ご利用の流れ

利用可能資源(2017年度)

2017年度よりご利用いただけるスーパーコンピュータシステムは以下のとおりです。

利用資格

 申込者、研究グループのメンバーはセンターの利用有資格者 (国内の大学、公共機関、企業に所属する学生、研究者) であること。なお、グループコースの代表者は、センターの利用資格があり、グループの利用に責任を持てる教授・准教授等になります。また、企業に所属する方については以下の条件がありますので、あらかじめご了承ください。

利用案内

  • パーソナルコースへの申込みは、1回のみとし、同一計算機システムに対して複数回の申込みはできません。
  • グループコースへの申込みは、1回のみとしますが、企業に所属する方については、同一企業内の1部署あたり1回のみとします。
  • 年度のサービス終了日までご利用いただけます。(ただし、Oakleaf/Oakbridge-FX はパーソナルコース・グループコース(無償トライアル)で最大3ヶ月、グループコースで最大9ヶ月です。)                             
  • 申込み時に、1ヶ月単位で必要な資源量(付与トークン)を設定できます。最大1年分まで追加できます。(Oakleaf/Oakbridge-FX は除く。)
    パーソナルコース、グループコース(無償トライアル)
    グループコース
    最大3ヶ月分
    最大9ヶ月分
  • トライアルユース期間終了後1 ヶ月以内に、利用成果報告書を提出していただきます。
  • トライアルユース期間終了後に通常利用への移行が可能です。
  • 外国人及び海在住者の方が利用を希望される場合は、下記を踏まえて申込を行ってください。
    「外国人及び海外在住者のスパコン利用について」

利用負担金

各システムの利用負担金表は以下を参照してください。

利用形態

 東京大学情報基盤センタートライアルユース(企業利用)制度は「成果公開」制度です。以下の情報を、利用終了後に、広報・WEB等で公開します。

  • 申込課題名、企業名

企業利用の審査方法

トライアルユース制度(企業利用グループコース)の応募は、スーパーコンピューター利用資格者審査委員会にて審議されます。企業利用の趣旨に合致しないと判断された利用申請は不採択となります。また、応募が多数の場合は、審査基準に基づいて優先順位をつけて採択することになります。

審査スケジュールはこちらをご覧ください。

利用申込

 スーパーコンピューターシステム利用規程等をよくお読みになり、利用申込書および利用申込書添付書類に必要事項をご記入の上、東京大学 情報システム部 情報戦略課 研究支援チームへご提出ください。提出先は、「申込書提出先・問い合わせ先」をご覧ください。なお、申込書類は両面印刷してご使用ください。
 利用期間終了後 1 ヶ月以内に、利用成果報告書を提出していただきます。


2017年度申込書

利用申込書 利用申込書添付書類
パーソナルコース PDFWord
グループコース PDFWord
グループコース(企業利用) PDFWord PDFWord

利用成果報告書

利用成果報告書
PDFWord

申込書提出先・問い合わせ先

申込書提出先

〒113-8658
 東京都文京区弥生2-11-16
 東京大学 情報システム部 情報戦略課 研究支援チーム


※グループコース(企業利用)の場合は、利用申込書添付書類については、書面で提出するとともに、電子メールに添付してお送りください(添付はPDF形式にてお願いいたします)。


E-mail:企業のメールアドレス

問い合わせ先

東京大学 情報システム部 情報戦略課 研究支援チーム
E-mail:受付のメールアドレス

トライアルユースから通常利用への移行について

 トライアルユース期間終了後に通常利用へ移行を希望される場合は、1月頃にお送りする継続申込書に必要事項を記入して移行手続きを行ってください。通常利用へ移行後も、本制度にて発行された利用者番号及びファイルはそのまま引き継がれます。なお、トークンは引き継がれませんのでご注意ください。
 また、企業所属の方は、科学研究費補助金による利用を除き、トライアルユースのパーソナルコースから、通常利用のパーソナルコースへ移行できませんのでご注意ください。
 通常利用の利用申込に関する詳細は、「利用申込・利用負担金」をご覧ください。

トライアルユース FAQ