HOME > 利用者支援 > 問い合わせ

問い合わせ

メールによる問い合わせ

 センターでは、スーパーコンピューターシステム利用に関する質問をメールで受け付けています。質問の種別によって異なるメールアドレスを用意しております。なお、よくあるご質問とその回答については、「FAQ」にまとめてありますので、そちらもご覧ください。


お問い合わせ内容 お問い合わせ先
利用申込関係 利用申込関係のメールアドレス
プログラム相談・質問 プログラム相談・質問のメールアドレス(Oakforest-PACS 専用)(Oakforest-PACS 専用)
プログラム相談・質問のメールアドレス(Reedbush 専用)(Reedbush 専用)
プログラム相談・質問のメールアドレス(FX10 専用)(FX10 専用)
システムに関する要望・提案 システムに関する要望・提案のメールアドレス

お問い合わせの前に

 以下の点については必ずご確認の上、相談票にも明記してお問い合わせください。ご協力をお願いいたします。

  • 下記のプログラム相談票は必ず作成の上、ご提出ください。
  • プログラム相談においては、セキュリティ上、担当者がすべてシステムの管理権限を所持しているわけではありませんので、エラーメッセージ等、ディレクトリを参照せずともある程度状況が判断できるように、相談票は詳細に作成し、ご提出ください。特に、エラーメッセージは、エラーコードだけでなく、その前後に出力されているメッセージについても相談票にご記入ください。
  • 本センターでは、プログラムのインストールやそのために必要な作業など、利用者様に行っていだたく作業の代行は行っていません。本件に関して、どのようにしても解決できない場合には相談を受け付けていますが、個々のライブラリ等の検証、プログラムの動作保障等を行うものではありません。この点についてはセンター側での検証は難しいため、利用者様でのご対応をお願いいたします。
  • プログラムの実行でエラーが起きる、またはシステムに原因があると疑われる場合は例えば以下のような基本的なデバッグ作業は必ず行ってください。その際に相談票にデバッグの詳細な内容を含め、システムに問題があると判断した場合はその状況と判断理由を明記してください。
    • プログラムの中でエラーが起こる場所を特定する。
    • エラーの直前までは正しい計算結果が出ているのかを調査する。
    • 公開されているプログラムの場合には実行、エラー終了までの手順を明確にする。
    特に、利用者様にエラーの再現プログラムを作成していただき、調査のために本センターにその利用を許可していただくケースではより原因と対応方法が明確になる傾向があります。

プログラム相談、システム利用に関する質問について

 プログラム相談、システム利用に関する質問の場合は、以下の「プログラム相談票」に必要事項、相談内容を記入の上、相談受付のメールアドレスあてにお送りください。セキュリティのため、Word形式(.docxや.doc)ではなくテキスト形式(.txt)で保存してお送りください。

プログラム相談票 [Shift_JIS][UTF-8]
相談受付メールアドレス Oakforest-PACS相談受付のメールアドレス(Oakforest-PACS 専用)
Reedbush相談受付のメールアドレス(Reedbush 専用)
FX10相談受付のメールアドレス(FX10 専用)

 なお、本センターのスーパーコンピューターシステムの利用者番号をお持ちでない方のシステム利用に関する質問については、受付のメールアドレス あてにお送りください。

面談による相談

 プログラム相談員が相談室に駐在する形態は2007年3月に終了いたしました。面談による相談をご希望の場合は、以下の予約のページから予約をお願いいたします。スーパーコンピューティング研究部門に所属している教員が対応いたします。
 実機でのご相談をご希望の場合は、相談対象のスーパーコンピュータシステム(Oakforest-PACS/Reedbush/FX10)に接続可能なノートPC等をご持参ください。ご持参いただけない場合は、相談実施時にセンターのノートPCを使用しますので、SSH接続のために必要となる鍵をUSBメモリ等でご持参ください。その際、センターでノートPCを準備する必要があるため、事前にご連絡ください (プログラム相談(面談)事前予約のページ内の連絡事項にその旨ご記入ください)。
 ノートPCもしくは鍵をご用意いただけない場合は、相談実施時にスーパーコンピュータシステムへの接続に多少時間がかかることがございますので、ご了承ください。


プログラム相談(面談)事前予約のページ