HOME > システム > Reedbush > ジョブクラス

ジョブクラス 「コース紹介」はこちら

インタラクティブジョブサービス

 ログインノードの他に、計算ノードと同じアーキテクチャであるインタラクティブノード (環境) を用意しています。インタラクティブノードでは、インタラクティブジョブを実行することで、会話的にプログラム実行が出来ますので、プログラムのデバッグ等にご利用ください。

Reedbush-Uシステム ジョブクラス制限値

キュー名 ノード数 制限(経過)時間 メモリー容量(GB)
(u-interactive)
u-interactive_1
u-interactive_4

1
2 ~ 4

30 分
10 分

244
  • トークンを消費しません。

Reedbush-Hシステム ジョブクラス制限値

キュー名 ノード数 制限(経過)時間 メモリー容量(GB)
(h-interactive)
h-interactive_1
h-interactive_2

1
2

30 分
10 分

244
  • トークンを消費しません。

Reedbush-Lシステム ジョブクラス制限値

キュー名 ノード数 制限(経過)時間 メモリー容量(GB)
l-interactive 1 24 時間 244
  • トークンを消費します。

バッチジョブサービス

 一定時間ノードを占有して一括処理を行う場合は、バッチジョブとして実行します (FX10、Oakforest-PACS システム等で利用しているジョブ実行スクリプトとは互換性はありませんので、新たに作成して頂く必要があります)。

Reedbush-Uシステム ジョブクラス制限値

キュー名 ノード数 制限(経過)時間 メモリー容量(GB)
u-debug 1 ~ 24 30 分 244
u-short 1 ~ 8  4 時間 244
(u-regular)
u-small
u-medium
u-large
u-x-large

 4 ~  16
17 ~  32
33 ~  64
65 ~ 128

48 時間


24 時間

244


  • トークンの残量がある限り、いずれのキューにもジョブを投入することができます。ただし、パーソナルコースに登録している利用者は、最大 16 ノードまでの利用となります。
  • u-small、u-medium、u-large、u-x-large は、u-regular を指定してジョブを投入します。

Reedbush-Hシステム ジョブクラス制限値

キュー名 ノード数 制限(経過)時間 メモリー容量(GB)
h-debug 1 ~ 4 30 分 244
h-short 1 ~ 4  2 時間 244
(h-regular)
h-small
h-medium
h-large
h-x-large

 1 ~  4
 5 ~  8
 9 ~ 16
17 ~ 32

48 時間


24 時間

244


  • トークンの残量がある限り、いずれのキューにもジョブを投入することができます。
  • h-small、h-medium、h-large、h-x-large は、h-regular を指定してジョブを投入します。

Reedbush-Lシステム ジョブクラス制限値

キュー名 ノード数 制限(経過)時間 メモリー容量(GB)
(l-regular)
l-small
l-medium
l-large

 1 ~  4
 5 ~  8
 9 ~ 16

168 時間


244

  • トークンの残量がある限り、いずれのキューにもジョブを投入することができます。
  • l-small、l-medium、l-large は、l-regular を指定してジョブを投入します。

トークンご利用の注意点

以下に、トークンを利用するにあたり、注意すべき事項がありますのでご確認ください。また、「トークンについて」のページでは、トークンに関する説明やFAQを掲載していますので、こちらもご覧ください。
  • トークンは、バッチジョブ実行およびインタラクティブジョブ(Reedbush-L)実行ごとに消費します。
  • トークンは、ノード時間積「経過時間 ×ノード数 × 消費係数」で計算された時間を消費します。
  • 申込ノード数を超過したジョブについては、超過部分について消費係数が高めに設定されます。
  • 消費係数は利用コース,利用システム,ジョブで指定したノード数により異なります。
  • 計算資源に余裕がある場合にのみ、トークンを追加することが可能です。
  • トークンは、利用を許可された有効期間内に全量が利用できることを保証するものではありません。また、利用を許可された期間のみを有効期間としていますので、トークンに残量があった場合でも、次年度への繰り越しや返金等はできません。