Supercomputing Division, Information Technology Center, The University Tokyo

Oakbridge-CX Supercomputer System
Selected Projects of the Large-Scale HPC Challenge

FY2019: Selected Projects

Thank you for applying for the Large-Scale HPC Challenge. After careful consideration based on the following criteria, the projects below were selected. (random order)

  • Research carried out using own coding or open-source programs.
  • Computational results can be deemed to be useful to science or have social impact.
  • Sets out the goal of using 1,280 nodes.
  • Feasible plans, and possibility of producing effects in a short time (each period of use is for a maximum of 23 hours).
  • Provides useful information to the operator or user of the system.
1st term: Selected Projects

1st term: Selected Projects

Project Title Oakbridge-CX 上での IHK/McKernel を使用した並列疎行列ソルバーの性能評価
Representative's Name(Affiliatoin) 中島 研吾 (東京大学情報基盤センター)
有限要素法,差分法等の偏微分方程式数値解法は,大規模な疎行列を係数行列とする連立一次方程式を解くことに帰着される。昨今は前処理付きクリロフ部分空間法が幅広いアプリケーションに使用されている。本研究では,代表者の開発した,①ICCG 法ソルバー,②多重格子法(Multigrid)ソルバーの性能評価を Oakabridge-CX(OBCX)上で実施するものである。①については,有限要素法による三次元固体力学コードGeoFEM のICCG ソルバーを対象とする。②については,並列マルチグリッド法による三次元地下水シミュレーションプログラム pGW3D-FVM を対象として,応募者等が提案するAdaptive Multilevel hCGA(AM-hCGA)法による並列性能向上を図るものである。また,①,②についてメニーコア向けOS 軽量カーネルであるIHK/McKernel の評価も併せて実施し,性能向上への効果について検討し,OBCX 上でのIHK/McKernel の普及に資するものである。