東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門

過去のシステム

情報基盤センター (大型計算機センター) でサービスしてきた過去の大型汎用コンピューターシステム並びに、スーパーコンピューターシステムの変遷は以下の通りです。

システム構成図

システム

汎用コンピューターシステム

運用期間 機種名(主記憶容量)
1966 ~ 1973 HITAC 5020 (16 KW) / 5020E (65 KW) + HITAC 5020 (32 KW)
1973 ~ 1980 HITAC 8800 × 3 + HITAC 8700 × 1 (8 MB)
1980 ~ 1982 HITAC M-200H × 8 (64 MB)
1982 ~ 1985 HITAC M-280H × 6 (192 MB)
1986 ~ 1990 HITAC M-680H (128 MB) + HITAC M-682H (384 MB)
1991 ~ 1996
HITAC M-880/310 (MS: 1 GB, ES: 4 GB) + HITAC M-682H (256MB)
1996 ~ 2001 HITACHI MP5800/320 (MS + ES : 10GB)
2001 ~ 2007 運用支援システム (MS + ES : 10 GB)

※ 1W = 4 Byte 、MS = 主記憶装置 、 ES = 拡張記憶装置


ベクトル型スーパーコンピューター

運用期間 機種名(主記憶容量) 理論演算性能
1983 ~ 1987
HITAC S-810/20 (MS : 256 MB, ES : 512 MB)
800 MFlops
1988 ~ 1993 HITAC S-820/80 (MS : 512 MB, ES : 6 GB) 4 GFlops
1993 ~ 1999 HITAC S-3800/480 (MS : 2 GB, ES : 16 GB) 32 GFlops

(超) 並列型スーパーコンピューター

運用期間 機種名(ノード数、主記憶容量) 理論演算性能
1996 ~ 2001
HITACHI SR2201 (1024 ノード, 256 MB/ノード) 307.2 GFlops
1999 ~ 2005
HITACHI SR8000 (128 ノード, 8 GB/ノード)
1,024.0 GFlops
2001 ~ 2007 HITACHI SR8000/MPP (144 ノード, 16 GB/ノード) 2,073.6 GFlops
2005 ~ 2007 HITACHI SR11000/J1 (44 ノード, 128 GB/ノード) 5,350.4 GFlops
2007 ~ 2011 HITACHI SR11000/J2 (128 ノード, 128 GB/ノード) 18,841.6 GFlops
2008 ~ 2014 HITACHI HA8000-tc/RS425 (952 ノード) 140,134.4 GFlops
2011 ~ 2017 HITACHI SR16000/M1 (計算ノード 56 ノード, 200 GB/ノード) 54,906.4 GFlops
2012 ~ FUJITSU PRIMEHPC FX10 (計算ノード 4,800 ノード) 1.135 PFlops
2014 ~ FUJITSU PRIMEHPC FX10 (計算ノード 576 ノード) 136.2 TFlops