東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門

グループコース(ノード固定)

概要

このコースでは、一般のグループコースによる利用では対応が難しい要望に対応いたします。例えば、次のような要望に応えられます。

  • ライセンスサーバが必要な商用プログラムを利用したい
  • データに対するセキュリティを確保するために、専用HDを使用したい
  • データ転送用に専用通信回線を敷きたい
  • ノードを専有し計算を集中して行いたい
  • 一般バッチジョブキューでは対応できないような長時間ジョブを実行したい

申し込み

申請用紙は、こちらからダウンロードください。

注意事項

  • グループコース(ノード固定)に拠出される計算資源は、全体の15%程度に制限されています
  • 申込時に審査をさせて頂きます
  • その他,詳細は申込書の記入要領をご覧ください

利用例:2セットで申し込んだ場合

  • 割当トークン量:2ノード x 360日分 x 消費係数4.0 =69,120ノード時間分
  • 専用に割り当てられたバッチジョブキューを使用
    • グループ内合計で同時に利用できるノード数は最大2です
    • 例えば,1ノードのジョブを同時に2本実行することも可能です
    • 使用ノード時間分のトークンが消費されます
  • 専用のバッチジョブキューで既に2ノード使用中の場合
    • 同じキューを指定すると、必要なノードが空くまで待たされます
    • 同時に計算を実行したい場合,一般バッチジョブキューを用いて計算を実行することも可能です
      • 使用ノード時間に応じてトークンは消費,ノード固定分に使えるトークンはそれだけ減少します
  • 2ノード以上の計算をしたい場合
    • 一般バッチジョブキューを用いて実行可能です
      例:16ノードの計算を4時間実行したい場合
      • 一般バッチジョブキュー(l-regularキュー)を指定して実行
      • 消費トークン:16ノード x 4時間 x 消費係数4.0 = 256ノード時間分

お問い合わせ先

東京大学 情報システム部 情報戦略課 研究支援チーム
E-mail:受付のメールアドレス