東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門

Oakbridge-CX スーパーコンピュータシステム
「大規模 HPC チャレンジ」


東京大学情報基盤センターでは、2019 年 12 月より、Oakbridge-CX スーパーコンピュータシステムで「大規模 HPC チャレンジ」を実施しています。「大規模 HPC チャレンジ」は、Oakbridge-CX スーパーコンピュータシステムがもつ最大規模の計算ノード数である、1,280 ノード(内 SSD 搭載 112 ノード)を、約 23 時間・1 研究グループで計算資源の専有利用ができる公募型プロジェクトです。

2020年7月13日更新:新型コロナウイルスにかかる現状に鑑みて、当面の間Oakbridge-CXにおける大規模HPCチャレンジは募集中止とします。再開の際はあらためて本ページでお知らせいたします。
今後の状況により事前の告知なくスケジュール変更となったり中止となる可能性もございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどお願いいたします

2021年4月7日更新:2021年度の募集を開始しました。
※注意※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮し、特別スケジュール、条件下で実施することとしました。応募に関しては、以下の臨時ぺージをご覧ください。
Oakbridge-CX 大規模HPCチャレンジ臨時ページ

提供資源

Oakbridge-CX スーパーコンピュータシステム
  • 1,280 ノード(内 SSD 搭載 112 ノード)を、約 23 時間専有利用できます。

利用案内

  • 1 ヶ月に 1 回、原則として月末処理前の木曜日 10:00 頃 ~ 金曜日の 9:00 までの約 23 時間、1,280 ノード(内 SSD 搭載 112 ノード)を専有利用することが可能です。
    (大規模HPCチャレンジの当日に、チャレンジ用の設定に変更いたします。この変更は1時間程度の作業時間が見込まれるため、大規模HPCチャレンジのご利用時間は10時頃開始、翌日9時終了となります。予めご了承ください。)
  • 課題は公募制とし、現ユーザーに限定せず、広く課題を募集します。個人、およびグループによる応募が可能ですが、各月に 1 グループの採用を原則とします。
  • 本制度により得られた成果については公開していただきます。成果公開には「Oakbridge-CX スーパーコンピュータシステム」の利用、「大規模 HPC チャレンジ」制度によって実施した旨を明記していただきます。また、広報誌等への成果報告記事の執筆を行っていただきます。
  • センターの主催、共催するセミナー、ワークショップ等でご発表いただく場合があります。
  • 利用料金は無料です。

公募日程

 「大規模 HPC チャレンジ」の課題募集を以下の日程で予定しております。

  • メンテナンス等の都合により募集スケジュールが変更となることがあります。
  • 年複数回を申し込むことも可能ですが、申込状況によりご希望に添えない場合もありますのであらかじめご了承ください。また、一回の申し込みで利用可能なのは一回のみです。

2021 年度実施日程 (予定)

日程・応募については臨時ぺージをご覧ください

応募詳細

日程・応募については臨時ぺージをご覧ください

採択課題

2019年度 採択課題( 第1回new

論文等で研究成果を報告する場合の英文表記について

本制度を用いて英語論文等を出版される場合は、以下の例文の記載をお願いします。

本制度の英語名

"Large-scale HPC Challenge" Project, Information Technology Center, The University of Tokyo.

謝辞の英文例

Computational resource of Fujitsu PRIMERGY CX2550M5/CX2560M5(Oakbridge-CX) was awarded by "Large-scale HPC Challenge" Project, Information Technology Center, The University of Tokyo.

大規模 HPC チャレンジ FAQ