東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門

企業利用 応募詳細

利用可能資源

現在お申込みいただけるスーパーコンピュータシステムは以下のとおりです。

Wisteria/BDEC-01

※企業利用では2021年10月からご利用いただけます。
利用負担金
(年額、税込)
利用可能
ノード数
GPU数
割当トークン量(年間)
及び消費係数
ディスク量
Wisteria-O
1セット当り
72,000円 Wisteria-O :
最大2304ノード

Wisteria-A :
最大64GPU
8,640 トークン/年
(1ノード、24時間×360日相当)

消費係数 : 1.00(1ノード当たり)
※優先利用ノード群(全体の15%程度)は
 消費係数が1.50となります
  • グループ (/work)
    2TB
  • 利用者 (/home)
    50GB
Wisteria-A
1セット当り
216,000円 25,920 トークン/年
(1GPU、24時間×360日相当)

消費係数 : 3.00(1GPU当たり)
  • グループ (/work)
    6TB
  • 利用者 (/home)
    50GB
Wisteria-A
GPU専有申込
1セット当り
324,000円
※申込単位は
1,2,4セットのみ
25,920 トークン/年
(1GPU、24時間×360日相当)

Wisteria-O : 1.00(1ノード当たり)
※優先利用ノード群(全体の15%程度)は
 消費係数が1.50となります
Wisteria-A : 3.00(1GPU当たり)
  • グループ (/work)
    6TB
  • 利用者 (/home)
    50GB
Wisteria-A
ノード固定
1セット当り
2,592,000円
※1セットのみ
 申込可能
207,360 トークン/年
(8GPU、24時間×360日相当)

Wisteria-O : 1.00(1ノード当たり)
※優先利用ノード群(全体の15%程度)は
 消費係数が1.50となります
Wisteria-A : 3.00(1GPU当たり)
  • グループ (/work)
    48TB
  • 利用者 (/home)
    50GB
  • 利用者の/homeのディスク容量は申込セット数にかかわらず一定です。

Oakbridge-CX

利用負担金
(年額、税込)
利用可能
ノード数
割当トークン量(年間)
及び消費係数
ディスク量
一般
1セット当り
120,000円 最大
256ノード
8,640 ノード時間/年
消費係数 : 1.00
  • グループ (/work)
    4TB
  • 利用者 (/home)
    50GB
ノード固定
1セット当り
180,000円
  • 申込セット数に関わらず、利用可能ノード数 (256) までのジョブが実行可能です。
  • 利用者の/homeのディスク容量は申込セット数にかかわらず一定です。

Oakforest-PACS

利用負担金
(年額、税込)
利用可能
ノード数
割当トークン量(年間)
及び消費係数
ディスク量
1セット当り 60,000円 最大
2,048ノード
8,640 ノード時間/年
消費係数 : 1.00
  • グループ (/work)
    1TB
  • 利用者 (/home)
    50GB
  • 申込セット数に関わらず、利用可能ノード数 (2,048) までのジョブが実行可能です。
  • 利用者の/homeのディスク容量は申込セット数にかかわらず一定です。

Reedbush

※Reedbushは2021年11月30日でサービスを終了いたします。
グループ
(一般)
利用負担金
(年額、税込)
利用可能
ノード数
割当トークン量(年間)
及び消費係数
ディスク量
Reedbush-H
1セット当り
216,000円 最大32ノード 21,600 ノード時間/年
消費係数 : 2.50
  • グループ (/lustre)
    4TB
  • 利用者 (/home)
    2GB
Reedbush-L
1セット当り
360,000円 最大16ノード 34,560 ノード時間/年
消費係数 : 4.00
グループ
(ノード固定)
利用負担金
(年額、税込)
利用可能
ノード数
割当トークン量(年間)
及び消費係数
ディスク量
Reedbush-L
1セット当り
540,000円 最大16ノード 34,560 ノード時間/年
消費係数 : 4.00
  • グループ (/lustre)
    4TB
  • 利用者 (/home)
    2GB
  • 申込セット数に関わらず、利用可能ノード数 (Reedbush-H : 32, Reedbush-L : 16) までのジョブが実行可能です。
  • 利用者の/homeのディスク容量は申込セット数にかかわらず一定です。

審査方法

全ての応募は、スーパーコンピューター利用資格者審査委員会 (以下、審査委員会)にて審議されます。企業利用の趣旨に合致しないと判断された利用申請は不採択となります。また、応募が多数の場合は、審査基準に基づいて優先順位をつけて採択することになります。

審査スケジュール

企業利用説明会 申込書提出締切 企業のヒアリング 利用開始日 中間報告会
2021年度 第1回 2021年1月25日 2021年2月17日
【受付終了】
2021年3月12日
(予定)
2021年4月1日 2021年10月頃
2021年度 第2回 2021年7月下旬 2021年8月下旬
2021年9月上旬 2021年10月1日 2022年1月頃

利用形態

東京大学情報基盤センタースーパーコンピューター企業利用制度は「成果公開」制度です。以下の情報を、利用終了後に、広報・WEB等で公開します。

  • 申込課題名、企業名
  • 利用成果報告書において公開される項目の事項

ただし利用企業からの申し出により、利用成果報告書の公開についてのみ最大で2年間の成果公開延期ができます。

利用申込

利用申込書および利用申込書添付書類に必要事項をご記入の上、必ずPDFに変換して電子メールに添付いただき、東京大学 情報システム部 情報戦略課 研究支援チームへご提出ください。提出先は、「申込書提出先・問い合わせ先」をご覧ください。
利用期間終了後 1 ヶ月以内に、利用成果報告書を提出していただきます。

利用申込書 利用申込書
添付書類
利用成果
報告書
Word Word Word

※トライアルユースの利用申込については、トライアルユース専用の利用申込書をご利用ください。

資料

申込書提出先・問い合わせ先

東京大学 情報システム部 情報戦略課 研究支援チーム
E-mail:企業のメールアドレス

※ 利用申込書類については、電子メールに添付してお送りください(添付はPDF形式にてお願いいたします)。

トライアルユース制度について

スーパーコンピュータを無償、または通常利用に比べて安価な利用負担金で一定期間試用できるトライアルユース制度があり、企業利用においてもトライアルユース(企業利用)制度があります。詳しくはこちらをご覧ください。

企業利用 FAQ