東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門

企業利用(トライアル)


東京大学情報基盤センター(以下、センター)では、センターで運用しているスーパーコンピュータのご利用を検討されている方向けに、本格的に利用するかどうか検討できるように、一般利用企業利用(一般)などより安価でご利用いただける、企業利用(トライアル)のサービスを提供しています。ご利用いただけるスパコンは、Wisteria/BDEC-01Oakbridge-CXです。

企業利用(トライアル)をご活用いただくことで、問題点の洗い出しを行ったり、今後のスパコン利用の見通しを立てていただくことが可能です。一般利用への移行については企業利用(トライアル)から企業利用(一般)への移行についてをご覧ください。
なお、センターでは、お試しスパコン利用(無料体験)のサービスもご利用いただけます。合わせてご検討ください。

また、企業利用(トライアル)のご利用イメージは以下のとおりです。

企業利用(トライアル)のご利用イメージ

企業利用(トライアル)のご利用イメージ

トライアルは、利用者によってご利用の流れが異なります。
詳しくは、ご利用の流れをご覧ください。

申込詳細

企業利用(トライアル)への申込詳細につきましてはこちらを御覧くださ い。

成果公開について

 企業利用(トライアル)制度は「成果公開」制度です。利用期間終了後 1 ヶ月以内に、利用成果報告書を提出していただきます。また、以下の情報を、利用終了後に、広報・WEB等で公開します。

  • 申込課題名、企業名
  • 利用成果報告書において公開される項目の事項

 ただし利用企業からの申し出により、利用成果報告書の公開についてのみ最大で2年間の成果公開延期ができます。

2021年度利用成果報告書 2022年度利用成果報告書
Word Word

企業利用(トライアル)から企業利用(一般)への移行について

 企業利用(トライアル)期間終了後に企業利用(一般)へ移行を希望される場合は、「企業利用」の申込手続きを行ってください。企業利用(一般)へ移行後も、本制度にて発行されたユーザID及びファイルはそのまま引き継がれます。なお、トークンは引き継がれませんのでご注意ください。

申込書等提出先・問い合わせ先

東京大学 情報システム部 情報戦略課 研究支援チーム
E-mail:企業のメールアドレス

トライアル FAQ