東京大学情報基盤センター スーパーコンピューティング部門

第11回 JCAHPCセミナー(OFP運用終了記念シンポジウム)
「ありがとうOFP:京から富岳への狭間で咲いた大輪の花」

最先端共同HPC基盤施設(JCAHPC: Joint Center for Advanced High Performance Computing)筑波大学計算科学研究センター東京大学情報基盤センターが共同で2013年に設立しました。 JCAHPCでは国内最大級の計算性能を有するOakforest-PACSシステム(OFP)を設計、導入し、2016年10月より共同で運用を開始して以来、最先端の計算科学を推進し、我が国と世界の学術及び科学技術の振興に寄与してまいりました。 JCAHPCはHPCIシステム構成機関として「新型コロナウイルス感染症対応HPCI臨時公募課題」 に計算資源を提供し、新型コロナウイルス感染症に関する研究推進に貢献しました。 OFPは運用開始直後の2016年11月のTOP500で「京」を上回り,国内最高性能を達成し,更に2019年8月末の「京」運用停止後,2021年3月に「富岳」が正式に稼働を開始するまでの約1年半の間,実質的にNational Flagship Systemとしての役割を果たしました。

さて,OFPも2022年3月31日を以て運用を終了いたします。本セミナーではJCAHPC設立,及びその準備段階からの10年あまりを振り返るとともに,将来へ向けた展望も紹介いたします。 JCAHPCを構成する筑波大・東大センター教員とそのOBの他,OFPと同じIntel Xeon Phi搭載システムを運用する北大・京大センター教員の皆様,OFPのヘビーユーザーの皆様からの講演も予定しております。OFP後継機(OFP-II),筑波大・東大各センターとしての将来計画の他,次世代先端的計算基盤の開発に向けたコミュニティ活動であるNGACI(Next-Generation Advanced Computing Infrastructure)についてもご紹介いただきます。

皆様とともに,OFPの功績を振り返り,日本と世界のHPCの将来へ向けた議論ができればと考えております。
オンラインではありますが,是非とも多くの皆様にご参加いただきたく,よろしくお願いいたします。

第11回JCAHPCセミナー

日時:2022 年 5 月 27 日(金)(13 : 00 ~ 17 : 50)
形態:オンライン
主催:最先端共同HPC基盤施設(JCAHPC)
共催:筑波大学計算科学研究センター,東京大学情報基盤センター
参加費:無料,「事前参加登録」をお願いいたします。

参加申込

申込フォーム

※必ず事前登録をお願いいたします(セミナーの前日まで受け付けます)

プログラム

講演時間を更新しました。(5月19日17:50)

【第1部】開会

 座長:田浦健次朗(東京大学情報基盤センター/JCAHPC)
13:00 - 13:05 開会
13:05 - 13:25 来賓等挨拶(ビデオレター)
 ・永田恭介 (筑波大学長)
 ・藤井輝夫 (東京大学総長)
 ・池田貴城 様 (文部科学省研究振興局長)
 ・時田隆仁 様 (富士通株式会社 代表取締役社長 CEO, CDXO)
 ・Mr. Joseph (Joe) Curley (Vice President & General Manager,
  Software Products & Ecosystem in Intel's Software &
  Advanced Technology Group, Intel Corporation)
 ・Dr. Soonwook Hwang (Principal Researcher, Korean Institute of
  Science & Technology Information (KISTI)/Vice President,
  Korean Society for Computational Science and Engineering (KSCSE))
 ・Dr. Richard Gerber (Senior Science Advisor & High Performance
  Department Head, National Energy Research Scientific Computing
  Center (NERSC))

【第2部】OFP概要

 座長:建部修見(筑波大学計算科学研究センター/JCAHPC)
13:25 - 13:45 佐藤三久(理化学研究所計算科学研究センター)
JCAHPC設立の経緯と理念
13:45 - 14:05 朴泰祐(筑波大学計算科学研究センター/JCAHPC)
OFP導入と概要と導入について
14:05 - 14:20 深沢圭一郎(京都大学学術情報メディアセンター)
Camphor2:OFPと同じXeon Phi KNLを搭載し,OFPより少し長く運用される
京都大学スパコン
14:20 - 14:35 岩下武史(北海道大学情報基盤センター)
北大スパコン Polaire ―設計思想と活用研究―
14:35 - 14:50 建部修見(筑波大学計算科学研究センター/JCAHPC)
(ディスカッション)

【第3部】OFPによる成果

 座長:高橋大介(筑波大学計算科学研究センター/JCAHPC)
15:00 - 15:20 中島研吾(東京大学情報基盤センター/JCAHPC)
Oakforest-PACSによる研究成果の概要
15:20 - 15:40 三好建正(理化学研究所計算科学研究センター)
世界初リアルタイム30秒更新ゲリラ豪雨予測実験
15:40 - 16:00 井戸村泰宏(日本原子力研究開発機構(JAEA))
Oakforest-PACSにおける大規模CFD解析向け省通信型行列解法の開発

【第4部】次の一手

 座長:中村宏(東京大学情報基盤センター/JCAHPC)
16:10 - 16:30 朴泰祐(筑波大学計算科学研究センター/JCAHPC)
筑波大学におけるビッグメモリスーパーコンピュータの導入
16:30 - 16:50 中島研吾(東京大学情報基盤センター/JCAHPC)
東京大学情報基盤センターの現状と今後の計画
16:50 - 17:10 近藤正章(慶應義塾大学/理化学研究所計算科学研究センター)
次世代先端的計算基盤の開発に向けたNGACIでの取り組み
17:10 - 17:30 塙敏博(東京大学情報基盤センター/JCAHPC)
Oakforest-PACS IIに向けて
17:30 - 17:45 中村宏(東京大学情報基盤センター/JCAHPC)
(ディスカッション)
17:45 - 17:50 石川裕(国立情報学研究所(NII))
OFP運用終了に当たって
17:50 - 中村宏(東京大学情報基盤センター/JCAHPC)
閉会あいさつ

本セミナーの問い合わせ先

東京大学 情報基盤センター

中島研吾(幹事)
E-mail:nakajima@cc.u-tokyo.ac.jp
(”@”を半角にしてからお送りください。)